ダイソー バイト 声出し

ダイソーのバイトにとって、「声出し」は仕事の一部

スポンサードリンク

ダイソーのバイトにとって、声出しはとても大切な仕事の一つです。

 

まずバイトに出勤すると「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの言葉の声出しを練習します。

 

ダイソーのバイトの声出しのコツとしては、声を大きくすることと、語尾を上げることです。

 

「園芸のコーナーはこちらで〜す!スコップ、ゴム手袋など取り揃えておりま〜す!どうぞご利用くださいませぇ〜!」といった感じです。

 

テナントで入っているダイソーの場合は、他のテナントに迷惑がかからないようにそんなに大きな声を出さなくてもよいようです。

 

また、滅多にいないのですが、社員や店長がいる時は、声をはりあげて笑顔で元気にしないと、指摘されます。

 

お客様にとっても、はきはきと大きな声を出したほうが、気持ちよく受け取ってもらえるようなので声出しをがんばりましょう。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーのバイトマニュアルで大まかな流れを知る

ダイソーのバイトにはマニュアルがあります。

 

ダイソーのパソコンに研修生用のマニュアルが入っているので、研修初日はパソコンのモニターで勉強します。

 

ダイソーのバイトのマニュアルはとてもボリュームがあるので、研修初日はそれだけで終わってしまうということもあるようです。

 

特に紙に書いたものをもらえるというわけではないので、研修時によくパソコンのモニターで読んでおくことが大切です。

 

なぜかというと、ダイソーは店舗がたくさんあって、今も店舗の拡大に力を注いでいるため、業務マニュアルを統一するのがとても大変なので、紙面のものは配布できないようなのです。

 

ですから、最初にパソコンのモニターでよく学び、バイトの仕事をしていきながら新しく学んだことはメモ帳にメモしていくという風にして勉強していきましょう。

 

スポンサードリンク