ダイソー バイト 仕事内容

ダイソーのバイトにはこんな仕事内容がある

スポンサードリンク

ダイソーのバイトは客として見ている分には、素敵な100円グッズに囲まれた楽しい仕事内容に見えますが、実際はかなりたくさんのことをこなさなければならないハードな仕事です。

 

ダイソーのバイトがしている仕事内容の中で目立つのは、レジとお客様に商品の場所をお教えすることではないでしょうか。

 

しかし、それ以外にも意外と知られていない仕事内容があるのです。

 

それは、開店準備や荷受け、清掃、発注、品出し、商品管理、事務処理、クレーム処理、業者との連絡などです。

 

また、長く勤めると新人教育も任されます。

 

つまり、ダイソーのバイトは、店舗の運営に関することをほとんどしなくてはならないのです。

 

ダイソーの店舗には社員はほとんどおらず、店長もバイトがやっているからです。

 

そのため、すべての仕事内容を覚えなければならないため、オールマイティになることができます。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーのバイト業務の流れををつかむ!

ダイソーでバイトをするとなったら、業務はレジ打ちと接客ぐらいだと思いがちですが、ほかにもたくさんの仕事があります。

 

ダイソーのバイト業務の流れを把握するコツとして、まずは、商品と商品の位置を覚えましょう。

 

なぜそれらを覚えることが業務の流れを把握することに繋がるかというと、まず、商品と商品の位置を覚えることでお客様に場所を聞かれた時に快く教えて差し上げることができます。

 

また、商品の位置を覚えているからこそ、品薄になっている商品に気づくことができ、自分で商品の発注もできるようになるのです。

 

ですから、ダイソーのバイトの業務はたくさんありますが、商品を覚え、その位置をよく理解しておくことで、ほかの仕事の流れも自然とわかってくるようになるのです。

 

ダイソーの仕事に慣れてきたら、レジを任されることもありますが、ずっとレジのところに立っているのではなく、常に商品管理をしたり、接客をしたりしているうちに、商品と業務についてもっとよく知ることができるようになるのです。

 

スポンサードリンク