ダイソー バイト 主婦

ダイソーのバイトに主婦が多いのはなぜ?

スポンサードリンク

ダイソーのバイトには主婦が多いです。

 

なぜ主婦が多いかというと、主に二つ理由があります。

 

一つ目の理由は、ダイソーの営業時間が主婦が働きやすい時間だからです。

 

朝8時半から夜10時までの中からシフトに入れる時間を選べますが、開店から夕方であれば、朝8時半から夕方5時まで働くことができます。

 

朝ご主人やこどもたちを送りだした後、すぐに仕事に行けば8時半から始められ、こどもたちが帰ってくる時間までに帰宅することができます。

 

幼稚園児や小学校低学年のこどもがいる場合には、開店の時間に入って昼までのシフトにしてもらうこともできます。

 

それ以降の時間は授業が終わった学生やフリーターが入ってくれることが多いので、助かるようです。

 

もう一つの理由は、主婦はダイソーのような100円ショップが好きな人が多く、客としてよく訪れていて、ここでバイトしたいと思っているからです。

 

実際に志望動機にも、ダイソーの商品が好きだから働きたいと書かれていることも多いようです。

 

そのため、働きはじめてからも、どんな商品があるのか既に分かっていることが多く、お客さんに質問されたら適切に案内することもでき、この仕事にとても向いているのです。

 

そのような理由で、ダイソーでは、主婦のバイトが多くなっています。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーでは幅広い年齢層がバイトとして働いている

ダイソーのバイトの年齢層はとても幅広いです。

 

高卒以上が条件ということで、大学生など10代から主婦の40代前後までのバイトがいます。

 

ダイソーのバイトの年齢層がこんなに幅広い理由は、店舗の雰囲気がよいことや、いろいろな人がシフトを組んで働きやすいということが挙げられます。

 

これだけ幅広い年齢層のバイトがいるということは、ダイソーにとってとてもよいことです。

 

というのは、ダイソーは子供からお歳を召された方まで幅広い年齢層の方たちに対応する必要があるからです。

 

あらゆるタイプのお客さんが来られるということで、一つの世代に固まらず、あらゆる年代のバイトがいることでお互いに助け合って仕事をすることができるのです。

 

スポンサードリンク