ダイソー バイト 落ちた

ダイソーのバイトに落ちた理由として考えられるもの

スポンサードリンク

ダイソーはとても人気のある100円ショップであるがゆえに、バイトしたい人もとても多い職場です。

 

なので、バイトの募集があればたくさんの応募が来ます。

 

そのためダイソーのバイトに落ちたという人も多いことでしょう。

 

バイトに落ちた理由として考えられるもののとしては、働ける時間帯や曜日があり、他には服装・髪型・態度などを含めた見た目も考えられます。

 

一つ目の、働ける曜日や時間帯があまりにも限られている人は不採用の対象になります。

 

たとえば、平日のみで週2回しか働けない、とか、午前中しか働けないなどです。

 

会社としては、土日を含め週3回は入れる人が欲しいので、限定された曜日や時間帯しか働けない人は落ちたとしても仕方がないでしょう。

 

もう一つ、ダイソーでは外見をとても大切にします。

 

髪型や髪色、メイクや服装が派手な人は職場の雰囲気に合わないので直すように求められるか、もっと職場の雰囲気に合った外見の人を優先して採用するでしょう。

 

ですので、ダイソーのバイトに採用されたいなら、働ける時間帯や曜日にあまり制限を設けないこと、そして面接の時に質素な外見で臨むことが大切です。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーの男性バイトの仕事内容は何をするの?

ダイソーに買い物に行くと見かける店員のほとんどが女性ですが、男性のバイトも少数ながらいることにお気づきでしょうか。

 

ダイソーのバイトの仕事内容はというと、ほとんど男女の区別はありません。

 

つまり、男女ともレジ打ちや品出し、商品の整理、荷受けといった仕事をします。

 

ただ、ダイソーでは商品が大きな段ボールに入ってくるので重い荷物がたくさんあります。

 

そのため力仕事がけっこうありますので、男性のバイトは大変ありがたい存在となっています。

 

また、搬入といって、新しい店舗の立ち上げの時に呼び出されることがあります。

 

女性のバイトも行きますが、やはり力仕事が多いので、ぜひとも男性にしてほしい仕事がたくさんあるようです。

 

このように、ダイソーでは原則的に男女の仕事の区別はほとんどありませんが、力仕事では男性が重宝されています。

 

スポンサードリンク