ダイソー バイト 服装

ダイソーのバイト時に身に着ける服装の基準

スポンサードリンク

ダイソーのバイトは身だしなみに関して大変厳しいので、服装に関しても注意すべきことがたくさんあります。

 

男性バイトは、Yシャツにスラックスを着用することを義務付けられています。

 

もちろんネクタイもしなければなりませんが、夏は半袖のカッターシャツでも大丈夫です。

 

女性バイトの服装は男性に比べるとゆるくて、上は制服のポロシャツ、下はジーンズでよいでしょう。

 

ポロシャツが制服でない場合は、Tシャツとジーンズで大丈夫です。

 

ただ、女性の場合、服装で注意することは、派手すぎるものやノースリーブなど肌の露出の多いものは着てはいけないということです。

 

また、バイト中はスカートではなく必ずジーンズなどのロングパンツを履きます。

 

しかし、ローライズデニムは禁止です。

 

男性も女性もバイト中は、ダイソーで貸してもらうエプロンをつけます。

 

また、靴はスニーカーを履きましょう。

 

男女とも、ダイソーでバイトする時の服装は、上記のようなことに気を付けるとよいでしょう。

 

お客様から大量注文を受けた場合にのみ、臨時発注をかける形になると思います。

 

どのくらい働いたら、と言うよりは発注する曜日(週に2回あるところもあります)に部門担当者がいればその人が大体発注してると思います。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーのバイトが知っておくべき髪に関する規則

ダイソーのバイトは、飲食業や他の接客業に比較するとかなり髪色には厳しいと言われています。

 

まず男性のバイトの頭髪は、黒髪以外は認められていませんし、ロン毛も禁止です。

 

女性のバイトは、金髪はもちろんダメで、明るすぎる茶髪もダメです。

 

やはり黒髪か、限りなく黒に近い茶色が望ましいです。

 

ダイソーのバイトは、髪色だけでなく、肩よりも長いロングヘアは後ろで束ねなければなりませんし、顔にバサバサとなっている前髪も束ねるように指導されます。

 

派手なパーマも認められていませ。

 

会社としては、とにかく地味で質素なものが好みのようです。

 

このように、ダイソーでバイトする時は、髪型や髪色に注意し、出来る限り黒髪にし、こざっぱりと清潔感のある髪型にしましょう。

 

スポンサードリンク