ダイソー バイト レジ

ダイソーのバイト業務「レジ」でミスをしないために…

スポンサードリンク

ダイソーのバイトの業務はたくさんありますが、メインの仕事はレジ打ちとなっています。

 

ダイソーのバイトのレジ打ちはそんなに難しくありません。

 

なぜかというと、ダイソーではほとんど全ての商品が100円だからです。

 

ミスをしないコツとしては、ダイソーでは文具や化粧品など細かい商品もたくさんあるので、数を間違えないようにすることです。

 

品数の間違いに気を付ければ、お客様からクレームが来ることなくレジでの計算ミスを減らせるでしょう。

 

ただ、レジがメインの仕事とはいえ、バイト中はレジにずっと立っているわけにはいきません。

 

お客さんが少なく、時間が空いているならば、商品の補充や掃除をすることが基本となっていますので、それもきちんとすることで他のバイトとの関係もよくすることに繋がります。

 

スポンサードリンク

 

ダイソーのバイト業務「発注作業」を楽しく行うには!

ダイソーのバイトを始めて、2〜3か月ほど経ったら、発注を任されるようになることがあります。

 

ダイソーの発注は、キッチン用品や食品など商品のカテゴリーごとに担当制でバイトがしますので、自分の担当の商品をよく把握しておく必要があります。

 

さて、ダイソーのバイトではいろいろな仕事がありますが、発注作業が楽しいと思えるかどうかはそれぞれです。

 

しかし、発注作業をネットショッピングのような気楽な感覚で行うとすごく楽しい仕事になります。

 

たとえば、商品のカタログなどを見て、「これ、かわいいな、注文しよう!」「この商品がよく売れるから、注文しよう!」「新しい商品で売れるかわからないけど、取ってみよう!」などです。

 

数日後に賞品が届いたら、「どんな風に飾ろうかな。とまるでお部屋の模様替えをするかのように売り場に陳列するのです。

 

そうしているうちに「これ、売れてないから見送ろう」とっか「これに似た商品があるから、今回は発注するのをよそう」とか見送ったほうがいい商品もわかるようになってきます。

 

ダイソーでは自分の担当のコーナーは自分の好きなように商品を並べられるのも楽しいですよ。

 

こんな風にネットショッピングやお部屋の模様替え感覚で商品を注文して陳列すれば、バイト業務がさらに楽しくなります。

 

スポンサードリンク